タブレット教材で幼児の学習のモチベーションを高めよう

 

幼児教育といえば教材ですが、近年はタブレット教材に注目が集まっています。
理由としてはいつでも手軽に学習を始められること、ゲームと同じように視覚的に興味を持って、段階的に学習ができるメリットが挙げられます。
また紙媒体のように嵩張らず、ページを捲る手間も最小限で済むのが魅力です。

 

タブレット教材はタブレット端末が1台あれば複数の教材を持ち歩けますし、容易に場所を変えて学習に取り組むことが可能です。
つまり子供部屋を始めとして、リビングや外出先も簡単に学習環境に早変わりするわけです。
タブレット教材は子供の興味を引いたり、集中できるように設計されていますから、やる気を引き出し学習のモチベーションを高めるのに役立ちます。紙媒体の教材だと学習に抵抗感を覚えるという子供も、タブレット教材を与えると抵抗感が薄れ、逆に積極的に学習に取り組むようになったというケースは珍しくないです。
これはタブレット教材が紙や筆記用具を不要としていること、サッと取り出していつでも再開したり、中断できるメリットが関係していると考えられます
勿論、同じところを何度もやり直せますし、タブレット教材の好きなところを繰り返せるのも、幼児にとっては魅力的に映ると思われます。

 

このようにメリットが豊富で幼児に適したタブレット教材ですが、いくつかの注意点もあります。
それはタブレット端末は電源が必要で充電しないとバッテリー切れを起こすこと、通信を前提としたタブレット教材は、インターネット環境がなければ使えないなどです。
紙に触れたり鉛筆で書くといったやり方をしないので、手を使ったり手触りの違いを確認するといった感覚が薄れます。
視覚的な刺激が増える一方で、触覚的な刺激は減ることを意味しますから、そこはデメリットだといえますし少し注意が必要です。

 

 

TOPへ